Fileforce®は、来年1月に予定している新機能ならびに利便性向上のため大幅改善した既存機能のリリースに先立ち、本日、バージョンアップを実施いたしました。(本バージョンアップによるシステム停止ならびにお客様サイトへの影響はございません)
尚、既存のお客様サイトへのリリースは来年1月中旬以降となり本日時点ではご利用いただけませんが、改めてリリース時期については、機能詳細と合わせてご案内をさせていただきます。

新たに追加、機能向上の対象となる機能は以下となります。

■ プロジェクトフォルダ機能の利便性向上対応
社内外とのフォルダ共有の機能を更新し、フォルダオーナーと業務オーナーの区分で管理がしやすくなります。プロジェクトフォルダ一覧での利用状況の確認も簡単です。
■検索機能の利便性向上対応
検索結果の精度向上に加え、WebUIの検索キーワードの入力位置が画面上部になり、検索結果と参照画面を行き来できるようになりユーザビリティが更に改善されました。フォルダ検索も可能となります。
■【New】システム管理者が一般ユーザに一部管理権限を委譲できる機能の追加
これまでシステム管理者以外ができなかったユーザー登録やアクセス権限付与、ログ確認等を業務上の管理者へ一部権限委譲できるようになります。この機能により、システム管理者による全体管理に加え、拠点や部門での柔軟な運用も可能となります。
■【New】Fileforce® Drive上のフォルダ配色を追加
Fileforce® Driveでフォルダを参照する際に、プロジェクトフォルダやパーソナルフォルダのフォルダアイコンの配色を変更しました。これにより、Windowsエクスプローラー上でもフォルダの違いが一目瞭然となり、利便性向上につながります。
■【New】ファイルロック/アンロック機能 その他
編集中のファイルや他ユーザーによる編集を防ぎたい場合に、ファイル単位でロック、アンロックが可能となります。

日本の企業様のお声に耳を傾けながら、テレワーク導入や場所や時間に囚われない、ニューノーマルな働き方にフィットするためにFileforce®は今後も進化を続けて参ります。