使いやすさNo.1!エクスプローラから使えるFileforce®Drive

Fileforceの最大の特長はPCにインストールしてエクスプローラから使えるFileforceDrive。
ローカルストレージのように使えてファイル表示は極めて軽快。

エクスプローラで使えるFileforceDrive
FileforceDriveはドライブマウントが可能。ドライブレターも任意指定。

ドラッグ&ドロップでファイル保存
いつもの簡単操作で編集・上書き

Fileforce®Driveにドラッグ&ドロップで簡単にファイルを保存でき、エクスプローラーからファイルを開いてそのまま編集したり、Officeファイルなどのデスクトップアプリも快適に利用が可能です。

ドラッグアンドドロップでファイルをアップロード可能

とにかくストレスなく使える高速ファイル表示

FileforceDriveでは、Fileforce上のデータのうちユーザが必要な情報のみ同期して表示させ、不必要なデータのやり取りはなく、PC内にファイルが保存されているかのようにスムーズで快適にご利用いただけます。
また、ファイルデータをダウンロードしないためPCのハードディスクを圧迫せず、暗号化されたキャッシュデータを一定期間保持してファイルの高速表示を実現しています。

ローカルドライブのように高速ファイル表示が可能

全社共通のディレクトリ構成で社内のファイル共有がしやすい

ファイルサーバのように全社共通のフォルダディレクトリ構成で、ファイルサーバの運用を継承でき、柔軟にフォルダ構成を再現。フォルダパスも全社共通で使えて、効率的な社内のファイル共有が可能です。

全社共通のディレクトリ構成で社内のファイル共有がしやすい

ファイルの共有範囲もフォルダツリーで見える化

Fileforceは、ユーザがアクセス可能なフォルダのみを表示し、全社共有フォルダは黄色、社内・社外メンバとのファイル共有をするプロジェクトフォルダはピンク色のアイコンで表示されわかりやすいデザインになっています。
更に、ユーザ個人だけのファイル保存領域として青色のパーソナルフォルダや、その配下でさらに他のメンバとファイル共有をするフォルダは緑色といったように、共有範囲が分かりやすく見える化します。

ファイルの共有範囲もフォルダツリーで見える化
仮想ドライブとして機能するファイルフォースドライブ

他のアプリケーションから直接保存

仮想ドライブとしてFileforceDriveが機能するので、他のアプリケーションからのファイル直接保存にも対応。スキャナ保存先としても設定可能です。

エクスプローラからもオンライン編集モードでファイルを開ける

選べる編集モード

エクスプローラーからも「オンライン編集モード」を選んでファイルオープンが可能。システムを行き来する事なく共同編集が実現します。

ファイルをまとめてコピー

まとめて操作

フォルダ移動や複数ファイルをまとめてコピー可能

フォルダ作成やリネームもエクスプローラから可能

フォルダ作成・リネーム操作:

Windowsの操作そのままで分かりやすい

削除したファイルはごみ箱で確認可能

ごみ箱:

削除したファイルはFileforceの
ごみ箱へ保存


オンライン編集や全文検索にも対応するFileforce®Web

FileforceWebでは、端末やOSを問わずに社内のファイルアクセスが可能。
Microsoft 365の商用ライセンスを保有していれば、ブラウザ上でOfficeファイルをオンラインで直接編集したり、複数人で同時に編集することも可能です。

ファイルフォースのWEBインターフェース

ドラッグ&ドロップでファイル保存
プレビュー・オンライン編集も可能

複数ファイルも大容量のファイルも、まとめてドラッグ&ドロップでクラウドストレージに保存が完了します。高性能なプレビュー機能で、ファイルを開かずに効率的に内容を確認可能です。

ドラッグ&ドロップでアップロードが簡単

バージョンファイル管理

ファイルを上書き保存してFileforceに同期されると、バージョンファイルとして自動で保管されます。
WEB UIのファイルの右クリックメニューより、バージョンファイルの「確認」、「入れ替え」、「別名保存」、「ダウンロード」が可能です。

バージョンファイル管理

簡易検索・高度な検索にも対応

「ファイル名」「フォルダ名」の簡易検索に加え、「保存日」「拡張子」「サイズ」など、より詳細な検索が可能です。
オプションでは、ファイル内の文字列を検索可能な全文検索に加え、電子帳簿保存法の要件も満たす属性情報の検索にも対応し、あらゆる業務の効率化をサポートします。

検索機能

確認しやすいログ&レポート画面

ファイルやフォルダの他、ユーザ操作に関するログおよび履歴を見やすいレポート画面で確認できます。また、操作ログは日単位でCSVファイルとしてダウンロードも可能です。

ログ&レポート機能

管理機能が充実したツールメニュー

ユーザが削除したファイルを確認できるごみ箱や、ファイル共有の履歴が確認できる共有リンクの一覧のほか、システム管理者がアクセス可能な管理コンソール、ログ&レポート画面はツールメニューより確認が可能です。
表示させるメニューはユーザ毎に選択できます。

ツールメニュー

マイリスト機能:

複数ファイルをまとめて共有、ダウンロード


オンラインヘルプ:

機能や仕様についての豊富なヘルプコンテンツ

削除したファイルはごみ箱で確認可能

ごみ箱:

削除したファイルはFileforceのごみ箱へ保存


コメント機能:

ファイルにコメントを付与・共有が可能


パスワード再発行

ユーザ自身でログインパスワードの再発行が可能


属性タグ

検索しやすい属性情報付与が可能


マルチデバイス対応

マルチデバイスでファイル活用の幅が広がります。FileforceのiOSアプリをインストールすることで、社外でもいつでも簡単にファイルを確認可能。

マルチデバイス対応

お気軽にご質問・ご相談ください

実際の機能をお試しいただけます

Fileforceに関するご質問やご相談はこちらから

Fileforceのサービス概要や特長をまとめています

Scroll to Top
無料で試してみる