厳格なアクセス権限管理

詳細なユーザ操作ログや管理コンソール操作ログを記録し、セキュリティ統制を強固にサポートします。


柔軟かつ高精度なアクセス権限管理

20以上のフォルダ・ファイル操作項目を自由に組み合わせ、業務や組織の管理用途に極めて最適なアクセス権限のロールを任意作成することが可能です。また、あらかじめ標準的なファイルサーバの運用で使いやすくプリセットされたたアクセス権限を付与することも可能です。

ユーザ業務や、管理側のニーズに合わせた、ファイルへのアクセス制御はもちろん、フォルダやファイルの整理にも極めて有効です。

高精度のアクセス権限管理

すべてのフォルダに
「権限の継承」と「明示的な権限付与」が可能

Fileforceはどれだけ深い階層の子フォルダであっても、任意に作成したアクセス権限を付与することが可能です。
一般的なクラウドストレージによくあるような、上位フォルダ権限を下位フォルダへ継承することも、継承を解除して全く異なる権限を下位フォルダに明示的に付与するといった、柔軟な権限付与により、組織の規模や業務形態、業務内容に応じたフォルダ操作とファイルアクセスを実現します。


整理されたフォルダ構成を
長期にわたり維持

Fileforceであれば、特に上位階層のフォルダ操作について、ユーザに付与する権限を極めて限定的設定することで、ファイルサーバではありがちな「部門共通のフォルダを削除・移動させてしまった」、「フォルダ名を変更してしまい共通のフォルダパスやショートカットが使えない」といったようなミスが「発生しない」運用を実現します。

システム管理者をユーザの操作ミス対応から解放するのはもちろんのこと、組織のフォルダ構成が整理された状態を維持します。


スマートなユーザ管理・ID管理

自社で利用中のActiveDirectoryとの連携ややシングルサインオンに連携させる事で、管理負荷を下げセキュリティ強化にも貢献します。


自社のADやAzureADとの連携で
ユーザ管理・権限管理を自動化

お客様社内にActiveDirectory(AD)の環境があったり、AzureADを運用している場合には、ユーザ管理/権限管理を自動化が可能です。
オンプレミスのADであれば、自社独自モジュール”ADSync”にて、また、AzureADであれば、SCIMプロトコルで、セキュリティグループとユーザグループを極めて高精度にFileforceに取り込み可能で、移行・運用時にシステム管理者のメンテナンス負荷を圧倒的に軽減します。

また、ネストされているセキュリティグループや、回帰的で複雑なグループ所属関係の同期にも対応しています。


AD連携をスマートに実現する独自モジュール
“ADsync”

FileforceのActiveDirectory(AD)連携は独自開発のモジュールをADサーバに”置くだけ”で完了。オンプレミスのActive Directoryに登録されているユーザやグループの情報をFileforce®とスマートに同期します。アプリケーションのインストール作業やネットワーク構成の変更は不要で、Fileforceへの移行時だけではなく運用も効率化します


SAML2.0規格対応による
ングルサインオン

Fileforceは業界標準SAML2.0規格に対応。自社既存の認証基盤と連携し、ユーザはFileforceのIDやパスワードを入力しなくてもワンストップでログインが可能です。
オンプレミスのAD環境でユーザ管理をしている場合であればADFS、AzureADで管理をしている場合はももちろん、Okta、HENGE、認人などの各種IdPサービスとの連携で、ユーザのログイン効率化と繁雑なID管理を不要になりセキュリティ対策としても有効です。


CSVファイルでのユーザ一括編集

Fileforceでは管理コンソールから、CSVファイルのアップロードによるユーザの一括登録・編集が可能です。また、都度の個別の登録・修正にももちろん対応します。


詳細で見やすい管理者ログ・ユーザログ

詳細な管理者ログ・ユーザログが365日間自動保管。視認性に優れたログ検索機能と詳細画面でスピーディなログ確認と分析が可能です。


極めて厳密な管理者ログ

70項目近い管理者の操作をログとして記録し、365日間保管します。期間、ユーザ名、管理タスクなど、あらゆる条件での検索が可能です。一覧表示・詳細表示をワンクリックで切り替え、全体俯瞰も個別管理ログも、スピーディな分析を実現する、こだわりの管理者ログ機能です。

管理者ログ

レポート画面で検索も可能なユーザログ

50項目以上のユーザ操作をログとして記録し、365日間保管します。「ログ&レポート」画面から、操作項目やファイル種別といった、あらゆる切り口でログを検索し、且つレポート形式で、誰でも簡単に確認が行える、Fileforceならではの機能は、管理者だけでなく権限を与えられたユーザも利用可能です。

ユーザログ


サブ管理者機能やポリシー設定でセキュア且つ効率的に運用

自社の業務やセキュリティポリシーに即した運用に柔軟に対応し、日々のメンテナンスやユーザサポート業務効率化にも貢献するFileforceの管理機能


任意の管理権限をユーザに委譲
サブ管理者機能)

お客様環境のシステム管理権限を部分的に一般ユーザに委譲できる「サブ管理者機能」は、日々の管理業務の全体最適化を強力に支援します。Fileforceなら何名でも必要なサブ管理者を登録でき、委譲する権限も他社に比べて圧倒的に、細かく自由にカスタマイズが可能。極めて的確な権限委譲で、全社のシステム管理負荷を最適配分し、且つ現場の運用スピードに合わせた対応が可能です。

管理権限を委譲

各種ポリシー設定でセキュアに運用

ファイル共有やユーザ・グループ、ログイン・パスワードなどのポリシーを詳細に設定でき、セキュアなファイル管理・保存と、共有ストレージの運用をサポートします。

ポリシー設定でセキュアに運用

誤って削除・上書き保存したファイルの
救済、復旧に活用できるバージョンファイルやごみ箱

Fileforceは、ファイルのバージョン管理や、ユーザごみ箱の機能を備え、誤って上書き保存してしまったり、過去の時点のファイルを確認したいなど、ユーザ自身で過去のファイルバージョンを復元したり、復旧したりすることが可能です。都度、システム管理者がファイルの管理ををする必要は無く、サポート業務の効率化につながります。

バージョンファイルやごみ箱

分かりやすく多機能をまとめた管理コンソール

ファイルサーバのようにクラウドストレージを運用するためのあらゆる機能をシンプルにまとめたシステム管理者向けの管理コンソール。
全社共有フォルダやユーザの管理、各種ポリシー設定、ユーザログ・管理者ログ確認などのメニューを表示し、緊急時にはユーザ無効化(アカウントロック)操作も行うことが可能です。

管理コンソール
共有リンク証跡

全社の共有リンク証跡とシステム管理者による削除機能

ごみ箱

ユーザごみ箱から削除されたファイルが保存される管理者ごみ箱

クオーター制限

クォータ設定によるストレージ使用容量超過時の通知


データ移行支援・活用促進

法人向けクラウドストレージのFileforceならではの手厚い支援メニューをご用意。
データ移行については専用のデータ移行ツールと、専門チームによる有償サポートもご提案可能です。


無償データ転送ツール

既存のファイルサーバやNASの運用を止めることなく、データ移行が行える「データ転送ツール」を提供しています。移行期間中の差分チェックと再転送機能も備え、わかりやすいダッシュボードで進捗を確認するだけでOK!移行対象のデータが大容量でも業務に影響を与えずに楽々移行をサポートします。


導入支援・移行支援
プロフェッショナルサービス
(有償)

Fileforceへのデータ移行を熟知した専門チームによる導入移行支援サービスです。現行環境や運用の調査や整理、機能Fit&Gap等を行い、設計から構築(Fileforceの設定)、データ移行と運用に必要なアクセス権設定等、柔軟な支援をいたします。


初期設定サポート・オンラインヘルプ・
テクニカルサポート

企業のセキュリティポリシーに即し、まるでファイルサーバのようにクラウドストレージを運用するためのあらゆる機能をシンプルにまとめたシステム管理者向けの管理コンソール。全社共有フォルダやユーザの管理、各種ポリシー設定、ユーザログ・管理者ログ確認などのメニューを表示します。

オンラインヘルプ

お気軽にご質問・ご相談ください

実際の機能をお試しいただけます

Fileforceに関するご質問やご相談はこちらから

Fileforceのサービス概要や特長をまとめています

Scroll to Top
無料で試してみる