今こそファイルサーバー・NASをクラウド化!

情報システム部門・システム管理者に「選ばれる」
国産クラウドストレージFileforce®

  • 安全なテレワーク環境を低予算で
  • 拠点ごとのファイルサーバを集約
  • バックアップや管理の負荷を大幅削減
ファイルサーバー・NASをクラウド化

イメージ

導入企業2500社以上!

情シス部門の業務は忙しくなるばかり・・・

社内のファイルサーバーやNASの
管理に課題はありませんか?

  • 拠点ごとのファイルサーバーの管理が大変!
  • 障害が多く業務が止まってしまう
  • 容量が増える一方で常に整理を依頼している
オンラインストレージにも課題が

「とはいえ、オンラインストレージも課題が多そう・・・?」

  • 従来の運用が維持できない
  • 使い方が難しい
  • 体感スピードが遅くストレス!
  • アクセス権限が柔軟につけられない
  • データ移行が大変そう・・・
  • 海外のサービスでセキュリティは大丈夫?

SOLUTION

ニューノーマルの新しい働き方の導入と
業務のDX促進に必要なのは、
高品質なクラウドストレージです。

Fileforce®ならオンプレミスのファイルサーバー・NASの課題と
一般的なオンラインストレージでは解決できない運用や使い勝手の課題を
最高のコストパフォーマンスで解決します。

お問合せ無料トライアル

REASONS

Fileforce®が情報システム部門に支持される3つの理由

選ばれポイント1

ファイルサーバー・NASでの運用をそのままクラウドへ

ファイルフォースドライブ

いつものエクスプローラー
から、簡単・快適アクセス

・Windowsにドライブとしてマウントするため、これまでのファイルサーバと同じように使えます。まるでクラウドであることを忘れる軽快なレスポンスを実現しました。
・多彩な機能でブラウザからログインするWebUIやモバイルにも対応しています。

柔軟なフォルダ権限

全社共通のフォルダ構成でこれまでと同じ運用を継続

Fileforce®なら、これまでのファイルサーバ・NASと同じフォルダ構成と運用をクラウド上で再現できます。全社・組織で共通のフォルダツリーだから、直感的な社内共有が可能です。

従来のポリシーを維持

詳細で柔軟なアクセス権限で従来のポリシーを維持

一般的なクラウドストレージは、上位フォルダの権限を継承しかできませんが、Fileforce®はWindowsサーバよりも詳細なアクセス権限を自由に組み合わせ、階層に関係なく柔軟なコントロールが可能です。

選ばれポイント2

国産の高品質サービスの活用でセキュリティ強化と安心を実現

日本企業に合わせたきめ細かいサポート

データ保管先はもちろん、開発から運用、サポートまでをすべて日本国内に限定

Fileforce®は、開発、運用からデータの保管先までをすべて日本国内に限定。お預かりしたデータが海外に出ることはありません。

データ保全

高い可用性と万全のデータ保全

アップロードされたファイルや管理データは、高セキュアな複数拠点のデータセンターに複製・保管されるため、障害によるサービス停止のリスクが低く、お客様によるバックアップも不要です。

必要なデータのみ同期

PCにデータを残さない

Fileforce®は非同期型のクラウドサービスです。PCに不要なデータを同期せず、暗号化されたキャッシュのみが保存されるため、万が一のPC紛失時にも安心です。

多要素認証に対応

SSOや多要素認証にも対応

IDaaSサービスとの連携やスマートフォンを使った多要素認証にも対応しています。

選ばれポイント3

移行から運用後まで システム管理者の負担を大幅削減

専用ツールでデータ移行

無償のデータ転送ツールでラクラク移行

既存のファイルサーバ・NASからクラウドへのデータ移行は、移行先を選択してツール上で進捗を確認するだけ。専門知識がなくても業務を止めずに差分を含めた移行を簡単に行えます。

アクティブディレクトリ連携

Active Directory(AD)
連携ツール

AD連携ツールにより、入退社や異動によるユーザー情報の変更は自動的にFileforce®へ同期されるため、Fileforce®上でのユーザー情報はメンテ不要

操作履歴もすべて記録

詳細ログと分析ツールで「いつ・どこで・誰が」がすぐわかる

ファイルサーバーの運用で意外と多いのが、迷子のフォルダやファイルの問い合わせ。Fileforce®なら、日々の問い合わせから万が一の情報漏洩の経緯まで、スピーディに対応ができます。

初めてでもすぐに使える分かりやすさ

トレーニング不要で、導入したその日から活用

わかりやすいオンラインヘルプをご用意していますが、多くの企業様から、操作が簡単なので導入したその日から使えたというお声を多くいただいています。パスワード再発行などもユーザー自身で行えるため、管理者様の負担をかけずに運用を定着させることができます。

お問合せ無料トライアル

SHARE

Fileforce®は、ファイル共有の課題も解決します!

社内外で情報共有

社内で

全社・組織で共通のフォルダ構成で、働く場所を問わずにスムーズな情報共有が可能です。

脱PPAP

社外へ共有

脱PPAP!パスワード付きZip添付に代わるファイル共有は、クラウドストレージで解決。ファイルのサイズや数を気にせずにメールやチャットで共有が行えます。上長承認や共有中止など、安心機能も充実。

フォルダ内で社内外とも安全に共有

社内外と相互に

フォルダ共有機能で特定のフォルダにFileforce®ユーザー以外を招待できます。メンバーには必要なアクセス権を付与し、安全で効率的に相互でのファイル共有ができます。

丁寧にサポート

Fileforce®にお任せください
必要な時に必要なID・容量で。
導入コストや管理負担を減らしながら、
クラウドストレージから始めるDXの実現を応援します。

SUPPORT

導入時の初期セットアップから
ご利用中の疑問・質問まで丁寧にサポート

導入は、専門知識がなくても国産サービスならではの手厚いサポートで簡単に行えます!
導入後の使い方に関する疑問・質問などにもきめ細かく対応します。

  • 導入コンサルティング・
    運用設計

    お客様の業務形態に最適な運用方法のコンサルティングを行います。

  • Active Directory連携

    既存ファイルサーバーの運用をそのまま引き継ぐことが可能です。

  • データ移行支援

    独自のツールを利用し、効率良く社内データをクラウドへ移行できます。

  • 管理者・ユーザー向け
    トレーニング

    効果的にFileforce®を利用していただくためのトレーニングも実施しています。

お問合せ無料トライアル

トライアル(無料体験)~ご利用開始までの流れ

最短3営業日でご利用を開始いただけます。

  • STEP1

    トライアル申込み

    専用のフォームよりご依頼をいただきます 無料トライアル

  • STEP2

    ヒアリング(オンライン)

    担当とのミーティングにて簡単なヒアリングを実施致します

  • STEP3

    トライアル発行・検証

    検証用のトライアルアカウントをご案内させていただきます

  • STEP4

    ご利用開始

    お申し込み後、最短3営業日でご利用を開始いただけます

導入実績

エンタープライズから中小企業までご利用いただいています。

  • 第一三共
  • 鹿島建設
  • イオンイーハート
  • エイチ・アイ・エス
  • 文藝春秋
  • JMPA
  • ソフトバンク・テクノロジー
  • 角川書店
  • 横河電機
  • シーティーエス
  • 信金キャピタル
  • トライポート
  • CSAJ
  • リロクラブ
  • ふくおかフィナンシャルグループ
  • 阪急交通社

お客様の声

「緊急テレワーク導入支援プロジェクト」で実施したアンケートからお客様より
実際にいただいた声の一部を抜粋し掲載しています。

エクスプローラーから
ダイレクトに操作できる
操作性が快適!

エクスプローラーからダイレクトに操作できる操作性は、使用者から好評でした。 電子部品製造業 N様

検索機能が秀逸、素早く
正確に検索できる

検索機能を多用することが多いので、検索したキーワードに適したものが正確に表示されるのは大変助かりました。 広告代理店 M様

テレワークへの切り替えが迅速でスムーズに

急なお願いであったにもかかわらず迅速な対応をして頂き、スムーズにテレワークへ切り替えることができました。 建設コンサルタント F様

よくあるご質問

  • ファイルサーバからクラウドストレージに移行するとユーザーの使い方は変わりますか?

    Fileforce® Driveを利用すれば、ユーザーはこれまでのローカルディスクやネットワークドライブと同じようにファイルやフォルダにアクセスし、各アプリケーションのファイルを編集したり移動や削除も可能です。これまでのファイルサーバやNASにできなかったファイル共有の機能も充実していますので、脱PPAP等、安全で効率的な社内外とのファイル共有もクラウドストレージから簡単に行えます。Webブラウザやモバイル端末からも認証の上アクセスできるので、テレワークをはじめとした様々なビジネスシーンやワークスタイルにマッチします。

  • ファイルサーバからクラウドストレージに移行後、バックアップやリストアはどうなりますか?

    Fileforce®は、クラウドへファイルをアップロードした時点で即時に国内複数拠点のデータセンターにファイルデータが複製されるので、万が一の障害時にも業務の中断が発生しにくく、バックアップ時点に戻ってリストアという概念がないため、データの保全という観点でも安心です。ファイルサーバの運用、維持管理で負荷の高いファイルサーバやNASの運用におけるバックアップ機器の準備や障害対応は、Fileforce®におまかせ。お客様によるバックアップやリストア作業は不要です。

  • クラウドストレージへアップロードしたファイルデータは日本国内以外に保管されますか?

    いいえ。Fileforce®は、お預かりするファイルデータの保管場所はもちろん、サービスの企画開発から運用保守、サポートまですべて日本国内で完結する純国産サービスです。日本企業の業務課題やニーズを把握、理解し日々より良いサービスを作り上げています。また、システムの開発や運用において外部への業務委託は行っておりません。(一部、第三者による脆弱性診断やシステムテストは実施)
    お預かりするデータは日本国内で管理され、日本国法によって守られますのでデータ管理におけるカントリーリスクという面でも安心です。

  • クラウド上のデータは暗号化されていますか?ウィルス対策はどうなっていますか?

    はい。Fileforce®は通信上を含めクラウド上のデータを強固に暗号化しています。また、Fileforce® Driveで閲覧するファイルデータはパソコンのローカルディスクには暗号化キャッシュしか保存されないので万が一のPC紛失時にも安心です。また、クラウドにファイルをアップロードした時点でウィルスチェックも実施されますのでFileforce®上のファイルデータは安心してアクセス、共有が可能です。

  • 管理者権限を部門のIT担当に与えることは可能ですか?

    はい。Fileforce®にはファイルサーバを超える柔軟で詳細なアクセス権限機能があります。各部門ごとのフォルダツリーを作成し、組織のセキュリティグループごとにアクセス権限を付与することも可能ですし、特定のフォルダツリーについてユーザーの追加や削除、アクセス権付与といった一部の管理者権限を委譲できる「サブ管理者」機能もプランによっては選択いただけます。例えば、各部門ごとに点在するNASを本社のファイルサーバと統合するイメージでFileforce®に集約し、部門フォルダ配下は各部のIT担当者に管理してもらうことで、本社のシステム管理者の負荷を減らしながら現場の運用に則したスムーズな運用が可能です。
    社内で複数のファイルサーバやNASを保守、維持管理するのは大きな労力がかかります。クラウドストレージのFileforce®に集約することで更に安全、効率的に社内の情報管理が行えます。

  • ファイルサーバ上で設定しているアクセス権限をどこまでクラウドで再現できますか?

    Fileforce®は、一般的なクラウドストレージでありがちなアクセス権限の階層やパターン制限はありません。初期セットされた権限パターン以外に貴社の運用に合わせて自由に権限パターンを作成し、階層に関係なくピンポイントでの権限付与も簡単。現在のファイルサーバ・NASの運用を変えずにそのままクラウドストレージに移行できるので、ユーザーにとってもシステム変更に伴うペインがなく、これまでと同じように直感的かつストレスなく使うことができます。

  • Active Directoryとの同期は移行時のみですか?

    いいえ。Fileforce®なら運用開始後もActive Directory上のユーザー、グループの情報が任意のタイミングで同期されつづけます。ユーザー管理はActive Directory上だけで行えば良いのでシステム管理者のメンテナンス負荷は大幅に削減されます。

  • ファイルサーバ・NAS上のデータのクラウド移行は難しい?

    Fileforce®では無償のデータ転送ツールをご用意しています。専門知識がなくても直感的な操作で業務への影響を最小にしながらデータ移行が行えます。クラウド移行で心配される社内からインターネットへの回線負荷も回線帯域を指定できるので、日中の業務時間内も安心です。移行中はダッシュボードで進捗を確認すればOK!わかりやすいマニュアルと専門のサポートチームがスムーズなクラウド移行をご支援します。

  • 利用状況やログは確認できますか?

    はい。Fileforce®ではあらゆる操作やフォルダ名、ファイル名による利用や共有履歴を確認できます。過去90日分のログについては、レポート機能でクリックだけで簡単にログ解析も可能です。誤操作によるフォルダ、ファイルの移動はもちろん、万が一の情報漏洩インシデントにもシステム部門の方が早急に事実確認をした上で対応ができるので安心です。