写真撮影から提供までの手間とコストが大幅減、
同時に顧客満足度も向上

株式会社フォート・キシモト

­

お客様の業務内容

写真のデジタル化を進める中で、全社的な写真管理と有効活用が課題となっていた同社では、BAZA ONLINEを導入することでこれらの課題を解決し、誌面制作速度のアップにも成功しました。

国際部 岸本 彰氏

フォトグラファー 三船 貴光氏

導入前の課題

写真データの迅速な提供を実現する為にシステムを検討

下記のような課題を解決するシステムとして、高い使い勝手を有するBAZA ONLINEを選定して頂きました。

・電話やメールで注文を受けての写真提供は非常に手間がかかっていた ・世の中がデジタル化し、素早い写真提供を求められるようになった ・高価なシステムの導入には不安があった

導入後の変化

写真データの迅速な提供と同時に、 業務効率の向上と経費削減にも成功

2002年のワールドカップの時に、ある取引先から紹介されたのがきっかけでした。それまで写真の公開に他のシステムを使っていましたが、使い勝手に難があり、他のシステムを色々と探していましたがどれも高価で導入に二の足を踏んでいたのですが、紹介してもらった「BAZA ONLINE」は月額の利用料金だけですみ、その料金も非常に安かったため導入に踏み切りました。

BAZA ONLINEを使用するようになって写真をWEBで簡単に公開できるようになり、これまでメールや電話で個別に注文を受けていたところが、お客様にWEBを見てもらって自由に選んでもらえるようになりました。わざわざ弊社まで写真を選びに来ていただいていたお客様も、WEBでの閲覧ですむようになったため大変好評です。 現在は主要な写真4万点を登録し、その全てをお客様に公開しています。

大きなイベント、例えばオリンピックの運用も大きく変わりました。2002年のソルトレイクでは、撮影したフィルムを現地で現像してスキャニングし、注文のあったお客様にメールで送るという方法で、大会中は電話が鳴りっぱなしだったのですが、BAZA ONLINEが稼動していた2004年のアテネでは、撮影後に整理してBAZA ONLINEに登録するだけで電送から公開まで全てできるようになり、非常に楽に短時間でお客様に提供できるようになりました。今は撮った写真をすぐに提供しないと売れない時代ですから、スピードは重要ですよね。

また、現在は取り扱う画像の99%がデジタルになり、これまで月に数百万円かかっていたフィルムの現像費用が必要なくなったことも大きいですね。

株式会社フォート・キシモト

スポーツに関する取材活動・写真貸し出し・企画、製作、営業など

事例一覧へ戻る