既存フローでは不可能だった長期間にわたる
写真の管理を実現、時間とコストの削減にも成功

株式会社 扶桑社

­

お客様の業務内容

天皇陛下が喜寿を迎えられた平成22年に、両陛下のお住まいである御所に咲く草花やお庭全体を紹介した写真集『御所のお庭』の刊行が決まり、平成20年春より撮影を開始しました。

導入前の課題

CDやDVDに長期保存された写真を再利用・管理するための システムを検討

通常、雑誌や月刊誌では、一度掲載した写真を再使用することはあまりありませんが、『皇室』誌では、何年も前の写真をさかのぼって利用することが度々あります。 また、年4回発行の季刊誌であるため、約3か月分の写真のストックを維持しなくてはなりません。

『御所のお庭』では、『皇室』誌以上に何年にもわたる膨大な量の写真のストックと保存が求められました。 最終的には2年半、70回にもおよぶ撮影回数となりました。 特定の草花については、季節ごとや朝夕のカット、さらには花だけでなくツボミや実も撮影したいと思っていました。 お庭の全景についても、季節ごとの撮影を希望していました。

撮影期間と本の編集期間が長かったことから、掲載写真の選択と写真撮影が同時並行で進められており、過去に撮影したカットを新たに撮影にしたものに差し替える作業も頻繁でした。 本編集部では、『皇室』誌のために撮影した写真はCDやDVDなどのメディアを、そのコンタクトシートとともに保管していますが、この書籍で同様の保管をするとなると、 CDやDVD、コンタクトシートは膨大な量となります。掲載写真を変更したり、新たな写真が追加されて過去の写真と比較する必要が出てきたりするたびに、CDやDVDを見直さなくてはなりません。

また、草花の種類は最終的に300種類近くなりましたが、花の名前と写真データの照合する手間が煩雑になったであろうことは想像に難くありません。

導入後の変化

膨大な写真の保存・差し替えや、検索機能により 記録照合などが簡単に

複数年にわたって撮影された写真を管理することは、本編集部の既存のフローでは不可能でした。 メディアの枚数に換算すると数百枚にも上る全撮影データをすべて保存すること、その撮影データと撮影時の紙媒体での記録との照合、 掲載写真の頻繁な差し替え、多数の類似写真の判別などは、このサービス導入を持って初めて可能となりました。

データを入力する際にさまざまなキーワードを入れられたため、同じ花の季節ごとの写真、実と花の写真などを簡単に検索できたこと、 類似写真の比較が容易であったこと、外部のデザイナーとの写真のやりとりもペーパーレスでできたことなど、手間というコストを大幅に省くことができました。

また、色補正などの修正を行っても、同じ番号の写真なら自動的にデータが上書きされて便利でした。 とにかく、CDやDVDといたメディアも、コンタクトシートも不要で、すべてがWEB上で簡単に検索でき、一覧性もあることが非常に便利でした。 『皇室』誌でも、このシステムを利用したいと考えています。

株式会社扶桑社

扶桑社はフジサンケイグループの一員として、 定期雑誌(ESSE/SPA!/haru_mi/住まいの設計 /Numero TOKYO/皇室 Our Imperial Family/MAMOR/relife+)、 および書籍、ムックなどを発行する総合出版社です。 また、テレビ番組、映画などの話題性の高いコンテンツのタイムリーな書籍化を実現するなどグループの強みを活かした事業展開を行われています。

事例一覧へ戻る