写真素材の全社内での一元管理を実現、
作業効率と生産性が向上

株式会社 文藝春秋

­

お客様の業務内容

写真のデジタル化を進める中で、全社的な写真管理と有効活用が課題となっていた同社では、BAZA ONLINEを導入することでこれらの課題を解決し、誌面制作速度のアップにも成功しました。

写真部長 大海秀典氏

写真資料部長 藤崎勝彦氏

導入前の課題

全社的な写真のデジタル化だけでなく活用促進のためツールを検討

・カメラがデジタル化する中、データをきちんとした形で保管したかった ・フィルムでの管理から、デジタルデータでの管理に移行したかった ・以前のシステムで管理していた資産(写真)を生かしたかった ・アーカイブだけでなく、電送・受信も実現したかった

導入後の変化

製作現場のデジタル化に成功、業務効率のアップとコスト削減を実現

写真を管理するシステムはすでに導入していましたが、順調に運用できていたわけではありませんでした。社内ネットワークがあるのに、資料室までわざわざ写真を見に来てもらわねばならなかったり、部署間の連携がうまくいかず、紙面に掲載されている写真がシステムに登録されていなかったり、システムの限界からアナログ媒体での管理も平行して行わざるを得ず、貸し出したフィルムやプリントが戻ってこなかったり……。BAZA ONLINEを導入したことで、これらの問題が改善されました。

社内の全ての写真はもちろん、共同通信や雑誌協会の写真もデジタルデータとして受信・管理できるようになり、全てを一元管理できるようになりました。また、その全ての写真を社内のどこからでも探すことができるようになり、非常に便利になりました。全社で同じシステムを使えるようになったので、部署間の連携もうまく取れるようになりました。運用に関する相談にも柔軟に対応してもらい、非常に使いやすいシステムになっていると思います。

株式会社文藝春秋

「文藝春秋」「オール讀物」「文學界」「週刊文春」「別冊文藝春秋」「CREA」「CREA Traveller」「文藝春秋SPECIAL」「Sports Graphic Number」「Number PLUS」「Number Do」の発行、 単行本、文庫、新書、全集の刊行、電子書籍事業 など

事例一覧へ戻る