建設業界向け

建設現場を支える、セキュアなクラウドストレージ

建設業に特化した機能を搭載し、「稼ぐ」クラウドストレージを提供します。

Fileforce®(ファイルフォース)とは?

日本の企業のために開発された
セキュアで高性能なクラウドストレージ

建設業界においてすでに400社2000以上の現場をテクノロジーで支えてきた
実績のあるサービスです。建設現場でのICT活用において数多くのサービス提供とサポート
実績を持つシーティーエス株式会社との提携により、業界に特化した機能を共同開発し
Fileforce® For Construction」として、2021年3月より提供を開始いたします。

ファイルの管理も共有もシンプルでわかりやすく
PCからもモバイル端末からも安全にクラウドにアクセスし
「いつでも・どこでも」働く場所を問わずに使えます。

多忙な建設・工事現場。
こんなお悩みありませんか?

必要な資料が事務所にあり作業現場から
戻らないと仕事が終わらない

ファイル容量が大きく、回線負荷や
関係者間での共有が大変

外付けハードディスクやNASの
管理が大変

過去ファイルの安全な長期保管や
熟練者のノウハウの活用ができない

新しいシステムは現場のメンバー
へのトレーニングが大変

Fileforce®なら安心!

働く場所を選ばずにいつでもどこでも
資料作成や確認ができます

クラウドなら大容量
ファイルの共有も問題なし!

大切な施工、工事データを盗難や
破損リスクからしっかりと守ります

保管された膨大なファイルから必要な情報を
検索できるので過去のノウハウ活用で効率性もUp

シンプルで簡単な操作で
誰でもすぐに利用できます

Fileforce®の主な特徴

マルチデバイス

PCのブラウザだけではなく、Fileforce® Driveやモバイル対応(iOS)でストレスの無い、わかりやすい操作性を実現しました。

new 自動タグ付け高度検索機能情報の活用しやすさに
こだわっています

情報は貯めるだけでなく、その後のビジネスに活用してこそ価値が生まれます。Fileforce®は属性情報の自動付加やすぐれた検索機能で欲しい情報にすぐにアクセスできます。建設業向けのタグ(属性情報)テンプレートをご提供します。

new 社外連携プロジェクト管理機能品質向上に向けて社内とも社外とも
安全なファイル共有ができます

URLによるファイル共有に加え、工期中に現場に関わる多くの協力会社とのスムーズなファイル共有には、プロジェクトフォルダ機能が効率的です。サブフォルダへの権限設定も可能。

new オートタイムラプス機能クラウドとカメラを連携
させた新しい進捗確認を
ご提供します

現場に設置するネットワークカメラに内蔵のアプリケーションとして施工現場の状況を録画しオートタイムラプス化。映像で施工現場の見える化と管理の効率化を進めています。タイムラプスを1日1ファイル作成すれば、各現場の昨日の進捗状況を1現場たった数分で確認できます。管理者の現場進捗管理に最適です。

大容量ファイルでも
ラクラク

クラウドサービスに多い同期型ストレージは回線やPC負荷が高くなりがちですが、Fileforce®は高い技術力で軽やかなファイル参照・共有が可能です。

大切な情報資産を
しっかり守ります

Fileforce®にアップロードされたファイルは暗号化され、複数データセンタに複製化されます。お客様は、バックアップやリストアの負担やデータ破損の不安から解放されます。柔軟なアクセス権限や詳細な監査証跡で大切な情報を会社の外からも中からも保護します。

建設業界で広がるFileforce®

Fileforce®の進化は、資料や写真、図面の保管、共有という用途に留まらず、
高い技術力で様々な業務シーンでのニーズに応えています。

建設機器やウェアラブルデバイスといったIoT対応機器からの地形や環境、バイタルデータを集積し、属性情報の自動付加機能により、検索・分析といったその後のデータ活用のための整理(データカタログ化)が可能となります。DX推進に必要なデータレイクとして、利用用途が広がっています。